一念発起して臨む医師の転職

医師になるということは、みなさんご存じのとおり、簡単なことではありません。
職業を聞かれたときに「医師」と答えれば、たいていの人は尊敬のまなざしでその人をみることでしょう。
そのくらい医師という仕事は、社会的ステータスの高い仕事です。

 

そんな医師だけに、自分の仕事に対する情熱やこだわりは人一倍強いのが普通です。
だからこそ、医師が病院との意思疎通が取れなくなった時、転職を考えるのだと思います。
テレビドラマだけではなく、現場と管理者の違いは実際にもそれはあるでしょう。

 

そんな狭間に立たされる医者は、一念発起という前向きな理由で転職を考えると思います。
さらなる自分のレベルアップ、そして待遇面の厚遇などを理由に転職するわけです。
仕事上大きなプレッシャーにさらされる医師という職業だからこそ、転職の重要性を考える機会は多いと言えます。

人材不足の薬剤師、以外な所からもオファーが絶えない

世の中の雇用状況が改善しつつあると言われているが、この雇用不況を全く寄せ付けない位に求人情報が溢れ、人材が不足していると言われている業種がある。自動車整備師、薬剤師、電気工事士、柔道整復師などが代表格で、どれも国家資格を必要とする職業。

 

特に薬剤師は4年制から6年制へと移行され、丁度今がその過渡期。4年で出てくるはずの人材を2年まっていなければいけなかった調剤薬局や薬剤会社は、2年間のフラストレーションを爆発させるように採用に関して積極的な動きが伺える。
※詳しくは薬剤師派遣短期のお仕事調剤薬局の求人を参考にして下さい。

 

6年制への移行ばかりではない。高齢化で薬が必要な人が増えているという社会現象の他に精神科需要が急増しているという話を耳にした。「新型うつ」などと言われ蔓延している「社会のうつ」。思わぬ所で人材不足に拍車をかける一因となっているようだ。